10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

数多くの候補の中、輝いたのは…

2012/12/19

先週の水曜日に発表された2012年「今年の漢字」
数多くの応募の中輝いたのは『金』でした。(今更…という声は受け付けませんっ)
金環日食や金星の太陽面通過などの天文学現象が起きたり、スカイツリーの開業やロンドンオリンピックでの金メダルと日本史上最多38個のメダル獲得、iPS細胞の研究を行った山中教授のノーベル賞受賞など、数多くの「金」字塔が打ち立てられたり、生活保護費不正受給問題や消費税増税問題、東日本大震災の復興予算使途問題などの「金」をめぐる問題があり、その面から今年の一字は『金』に決定したそうです。
ちなみに2番目に多かったのが「輪」、3番目に多かったのが「島」だそうです。
それぞれロンドンオリンピック、竹島問題や尖閣諸島問題から挙がった漢字なのでしょう。


そしてこの『金』という一字、実は過去にも一度選ばれたことがある文字だということを皆さんご存知ですか?
そう、シドニーオリンピックでの金メダル獲得、新500円硬貨や2000円札の登場などの理由から2000年「今年の漢字」で選ばれています。
2000円札という響きが懐かしいですね……今ではほとんど見かけませんが使いにくかった記憶があります
同じ漢字が選ばれたのは1995年の発表以来初めてのこと。
さて来年はどんな一字になるのでしょう。いい意味での漢字一字が選ばれることを期待したいと思います。


また、12月3日に発表された2012ユーキャン新語・流行語大賞では、年間大賞に「ワイルだろぉ」、トップテンに「iPS細胞」「LCC」「東京ソラマチ」などがノミネートされていました。
ちなみに昨年の年間大賞は「なでしこジャパン」、トップテンは「スマホ」「どや顔」「ラブ注入」などです。
来年はどうなるのでしょう。「今年の漢字」と同じく期待したいと思います


ところで、皆さんの中での「今年の漢字」「流行語大賞」は何ですか?
今年のまとめとして考えてみてはいかがでしょうか




≪いわい≫

11:04 余談 | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。