FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

身近なボランティア

2013/01/10

文教大学では本日から授業が始まり、そして越谷キャンパス生涯学習センターでは「癒しのヨガ」講座が始まりました。
一気に活気づいた大学構内。学生食堂内にもいつもの賑やかさが戻ってきました!
まだまだ寒いですが元気よく頑張っていこうと思います



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。°



さて、皆さんはボランティア活動をしたことがありますか?
ボランティアとは自発的に何らかの奉仕活動を行うことで、基本的には報酬などの有無は関係ないというものです。
例えば地域のゴミ拾いであったり、社会福祉施設のお手伝いであったり、市や町の企画のお手伝いであったり……その種類は様々です。


“人の役に立つことがしたい”


そんなことを思いながら、私はこれまでにいくつかのボランティア活動に参加してきました。
私はその中で一番身近だと思うボランティア活動を見つけたのです。
それは『献血』です。よく市や町の広報やホームページで呼びかけていたり、駅周辺で血液型の書かれた看板を手に呼びかけていたりしますよね。
この献血も十分ボランティア活動になると私は思っています。(個人的な意見ですが)
そんな献血の流れを簡単にまとめてみます。


≪献血の流れ≫

①問診票の記入
  ↓
②問診票をもとに本人確認
  ↓
③血液採取(血液型確認・血液濃度検査)
  ↓
④血圧測定
  ↓
⑤献血
  ↓
⑥水分補給・休憩


誰でもできる献血ですが、献血するにあたって基準というものがあります。
その基準値を上回っていないと献血できない場合があるようです。
詳しくは日本赤十字社のホームページをご覧ください。


身近なボランティア活動がどこかで誰かを支えることに繋がります。
献血だけでなく他にも自分にできることを探していきたいです




≪いわい≫

16:27 その他 | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。