10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【越谷】文教大学生活科学研究所公開講座のお知らせ

2013/09/18
10月12日(土)と10月19日(土)の2日間にわたり、文教大学生活科学研究所の公開講座が開催されます。
ぜひ足をお運びください。


文教大学 生活科学研究所 2013年度公開講座

今、 ふたたび 家族とは



≪講座のねらい≫
 「親子の関係性のありかた」「親の役割・子の役割」「子育て支援」「子育てと福祉制度」「保育園待機児童」等をキーワードとして企画を試みる。
 少年の問題行動・薬物乱用・育児不安・ストレインや“イクメン”の登場などの観点も取り上げたい。(一部抜粋)


【講座日程】
10月12日(土)
第1講義 「薬物乱用防止教育の原点は親子の絆」
◆教育実践現場からのレポート
講師:片山 昇(元埼玉県立高等学校教頭)

第2講義 「子どもの心の基礎作り―親の役割を考える―」
◆カウンセリング論の観点から
講師:菅野 純(早稲田大学 人間学部教授)

10月19日(土)
第3講義 「家族の変遷と親のストレス・子のストレス」
◆臨床心理学の観点から
講師:名尾 典子(文教大学 人間学部講師)

第4講義 「子ども人口の減少と児童家庭福祉の諸問題―子育て支援の課題をめぐって―」
◆児童福祉学の観点から
講師:櫻井 慶一(文教大学 人間学部教授)


【会場】
文教大学 越谷校舎 8号館5階 8501教室

【受付】
8号館5階 8501教室前ロビー

【対象・定員】
一般成人・100名程度

【受講料】
無料(但し教材費として1000円)

【申込締切】
2013年10月9日(水)まで

【申込方法】
ハガキもしくはパンフレットの受講申込書に必要事項(住所・氏名・年齢・電話番号)をご記入の上、切手を貼って研究所宛にお送りください。
また、必要事項を明記したメールでの申し込みも受け付けます。

【問い合わせ先】
文教大学 生活科学研究所
〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337
TEL:048-974-8811(内線2610) 火・水・木・金
FAX:048-974-8881
E-mail:seikatsu★koshigaya.bunkyo.ac.jp(★を@に変えてお送りください)
※お問い合わせは、FAX・電話・メールをご利用ください。
(電話対応の時間 14:00~17:00)





講座の詳細については文教大学生活科学研究所ホームページをご覧ください。


≪いわい≫
11:24 生涯学習情報 | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。