05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【越谷】 冬の研究発表会・古典芸能鑑賞会のお知らせ

2013/11/25

平成25年度 文教大学国文学会
 冬の研究発表会
【日時:2013年12月14日(土) 12:30~16:00】


◆第一部 研究発表会◆ 

①久保 沙由里(文教大学大学院言語文化研究科 地域言語文化研究コース)
 「『耳嚢』説話の特性 ―怪異・教訓・故事逸話…―」

②松本 彩佳(文教大学大学院言語文化研究科 地域言語文化研究コース)
 「志賀直哉の文体研究 ―感情表現の表出を主として―」

【日時】
2013年12月14日(土) 12:30~14:10(第一部受付開始12:00~)

【会場】
文教大学 越谷キャンパス 8号館3階 8302R




◆第二部 古典芸能鑑賞会◆ 

「人形浄瑠璃の楽しみ ~あなたも人形にさわってみませんか~」
相模人形芝居 下中座(しもなかざ)

<相模人形芝居とは>
 江戸時代から、神奈川県に伝わる3人で一体の人形を操る人形芝居。
その中でも、小田原市で活動する「相模人形芝居 下中座」が、このたび文教大学に来てくださることになりました。
 相模人形芝居は、戦争の影響や後継者不足などで存続が難しい中、下中座は平成3年に下中座人形教室を開いたりするなどして、積極的に後継者育成に力を入れて活動しています。また、下中座の活動は、学生・サラリーマン・自営業の方など様々な座員の方々のボランティアによって運営されているそうです。
 当日は、人形浄瑠璃の説明や、人形の部分や作り方のお話、人形の操り方などについてもお話をうかがえるそうです。
 人形芝居について学びながら、まるで生きているような人間の動きをごく間近で楽しむことができます。
 みなさん、国の重要無形民俗文化財である民俗芸能を、一緒に楽しみませんか?

【日時】
2013年12月14日(土) 14:25~16:00(第二部受付開始14:00~)

【会場】
文教大学 越谷キャンパス 8号館5階 8501R

【入場料】
無料


≫申込み・問い合わせ先≪

文教大学国文学会事務局
文教大学国語・日文研究室
TEL/FAX 048-974-8965(月~金 9:00-17:00)
メール tujii☆koshigaya.bunkyo.ac.jp(☆を@に変えて)
※住所・氏名・電話番号・参加人数を明記の上、電話・FAX・メールのいずれかにてお申込みください。
※駐車場がございませんのでご来場には公共交通機関をご利用ください。





≪いわい≫

15:20 その他 | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。